■ 日本名門酒会メニュー
 

お酒の歳時記

2021 夏の生酒

いと涼し 夏の生酒2021 涼を愉しむ夏の本生

4-5月のおすすめ

お酒のプロである日本名門酒会加盟店の方々に
新型コロナウイルスの感染対策を施した会場と方式で
今年の「夏の生酒」を試飲していただきました。
そこで「今、美味しい!」と人気を集めた14酒をご紹介。
初夏の味覚と合わせてお楽しみください。

* 商品のお求めは日本名門酒会加盟の酒販店まで。

4月13日〜15日に、新型コロナウイルスの感染対策を整えた東京・兵庫・大阪の3会場で、日本名門酒会加盟店有志の方々に、今年の「夏の生酒」から試飲可能な67アイテムをテイスティングしていただきました。事前予約の先着&約1時間の入れ替え制で試飲時の人数を10人までに制限し、充分な間隔をあけた着席スタイルで、各お酒は本部スタッフがサーブ、試飲中は無言で等々、と制約の多い中での試飲となりましたが、158名の方々にご協力いただきました。そこで「今、美味しい!」と評価の高かった14酒を、試飲コメントとともにご紹介します。

新緑の季節に爽やかで心地良い味わいを、タケノコや初ガツオなど初夏の味覚と合わせてどうぞ。他にも美味しい夏生はありますので、選ぶお酒に迷ったら、日本名門酒会の加盟店にご相談を。

総評

昨年産の原料米は、関東甲信越と北陸の早稲品種は例年よりもやや溶けやすい傾向だったものの、それ以外の地域、および晩稲品種は総じて溶けにくいと言われていました。それを裏付けるように、今年の夏の生酒は、スッキリと淡麗できめ細やかな酒質が多いようでした。近年、濃醇な酒質が好まれる傾向から、味わい豊かなお酒が増える一方で、味がクドくて飲みにくいと感じるお酒も散見されていましたが、今年はなめらかでほど良い旨味のお酒が増えたように感じられました。中には純米酒でありながら大吟醸を思わせるような上品さを感じさせるお酒もありました。

[日本名門酒会本部 森]

お酒のプロ158名が選んだ「今、美味しい」14酒

*商品画像をクリックすると詳細画面が現れます。

1

大山
特別純米生酒


詳しくはこちら

甘味と酸のバランスが絶妙で大山の夏生史上最高の出来栄え/ここまでなめらかでスーッと入る酒は他にない

1

天寿
米から育てた純米生酒


詳しくはこちら

天寿らしい華やかな香りと、ブドウのような甘味/初心者にオススメしたい、爽快でフルーティな味わい

3

飛良泉
マル飛 No.77 限定生酒


詳しくはこちら

リンゴをかじったような甘酸っぱさが口の中に広がる/すべての夏生を超えるほどの存在感/この酸はクセになる

4

真澄
純米吟醸 生酒


詳しくはこちら

白桃やライチを想わせるフレッシュな香り/しっとりとした穏やかな甘味、ボリューム感がありつつも軽快な旨味

5

五橋
純米生酒


詳しくはこちら

フルーティな甘さ、ふんわりと口の中を包む旨味、レモンやライチのようなさっぱりとした酸のバランスはさすが

5

司牡丹
「船中八策」零下生酒


詳しくはこちら

スムース&ドライ/瑞々しくて綺麗な酸が夏の食べ物との相性の良さを期待させる/旨味しっかり、キレ良し

5

名倉山
純米吟醸生酒


詳しくはこちら

甘口でナンバーワン/パイナップルのようなジューシーさで、微発泡が爽やか/濃醇なのに飲み疲れない逸品

8

甲子
純米生原酒 大辛口


詳しくはこちら

深みのある米の旨味に、シャープな柑橘系の酸がアクセントとなっている/大辛口らしいドライなキレ味

*蔵元完売 店頭在庫のみ

9

甲子
純米吟醸生原酒 夏なま


詳しくはこちら

完熟リンゴのようにジューシーな味わい/微発泡の心地良さが反則的/今、消費者受けがすごく良い酒質

9

宗玄
純米生酒


詳しくはこちら

米の旨味がパワフルに広がる雄大な酒/白桃のような上品な甘味があり、なめらかで酸とのバランスも良い

11

浦霞
純米生酒


詳しくはこちら

気品のある洋梨を連想させる香り/口当たり良く、輪郭に丸みのある旨味と甘味、優しく伸びる綺麗な余韻

12

大七
純米生酛 生原酒


詳しくはこちら

力強い奥行きがありながら、それでいてやわらかく包み込むような優しい味わい/生酛らしい乳酸を楽しめる

13

御慶事
純米吟醸 夏の生酒


詳しくはこちら

ジューシーでライトな味わい/ほど良い酸味が夏っぽくスッキリしているので、バーベキューでも楽しみたい

14

梅錦
純米生酒


詳しくはこちら

柑橘系果実のフレーバー/やわらかく丸い口当たり、甘やかで優しい旨味がほっとするお酒/キレが良く夏向き

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る