■ 日本名門酒会メニュー
 
お酒の歳時記

2020.11

【11月のお酒】紅葉酒

朝晩めっきり冷え込んで、
赤に黄色に野山が染まる
紅葉のシーズンがやってきました。
美味しい日本のお酒とともに
晩秋の風情を楽しみましょう。

【Now on Season】

◆ひやおろし◆ 秋からますます旨くなる

11月になり、秋酒「ひやおろし」もまろやかさと旨味をさらに増し"熟れきった豊醇さ"と呼ぶにふさわしい味わいに。晩秋の味覚と合わせてお楽しみください。

◆寒おろし◆ ひやおろし The Special

「ひやおろし」よりもさらに熟成期間をとり、寒さが本格的になる立冬近辺から出荷される「寒おろし」。その年の旨味が凝縮されたような、まろやかでとろりとした完熟の味わいが魅力です。

◆新酒 しぼりたて◆ 今年も美味しい新酒ができました

仕込みに入った各地の蔵から新酒が届き始めました。しぼりたて新酒のみずみずしい味わいをお楽しみいただくため、火入れしない生酒のままお届けします。冬ならではの味わいを、ぜひ。

◆冬のギフト◆ 今年も日本酒を贈ろう

今年お世話になったあの人に、なかなか会えないお酒好きなあの人に、感謝の気持ちを伝える名門酒の贈り物はいかが。ちょっと贅沢なお酒は、年末年始の祝い酒として自分で楽しんでも。

◆収穫祭◆ 日本ワイン新酒・新焼酎

11月3日は甲州新酒の解禁日。今年実ったブドウや芋から作られた、日本ワインの新酒・芋焼酎の新酒を楽しめるのも、収穫の秋ならでは。日本の大地の恵みに感謝して、乾杯。

◆樽酒ライブ◆ 冬の風物詩、樽酒のはかり売り!

これから年末年始にかけて各地の酒屋さんの店頭では樽酒のはかり売り「樽酒ライブ」が行われます。杉香も清々しい樽酒は、お燗にしても美味。魚介出汁を使った和食の美味しさを引き立てます。

◆ゆったり じんわり お燗酒◆

冷え込む夜にはお燗酒。穏やかな香りと染み入る旨味。ゆったり杯を重ねるごとにゆるやかに酔いがまわり、じんわり優しく体を温めてくれます。

◆お酒のプロが選んだ鍋に合う酒◆

くつくつと湯気の立つお鍋をつつきながら、お酒をいただくのは、寒い日の幸せ。この冬は小鍋の銘銘鍋に日本酒の小瓶を合わせて楽しむのはいかが。

【featured】

◆SAKEカクテル◆ 美味しい日本酒カクテル

日本酒好きも、馴染みのない人も楽しめる、ほんとうに美味しい日本酒カクテルを、SAKE HALL HIBIYA BARに教えてもらいました。カクテルベースにぴったりの「MOTOZAKE」でトライ。

◆封印酒◆ ちょっと贅沢な晩酌に

「吟醸酒のスタンダード」を目指した「封印酒」シリーズ。香味の調和のとれた品格のある純米吟醸酒を、和紙の袋に封印しました。味も姿も宴に華やぎを添えてくれるお酒は、お持たせにも。

◆五寸瓶◆ 気軽に美味しい呑み切りサイズ!

高さ約5寸(=15cm)の可愛い小瓶シリーズ。ラインナップは蔵元を代表する選りすぐりの人気定番酒。呑み切りサイズだから、ちょっと飲みたいときに、セットで贈り物に、とお楽しみを。


旬のカレンダー

2020年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2019年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る