■ 日本名門酒会メニュー
つかさぼたん   はなとこいして
司牡丹
ハナトコイシテ
(高知県佐川町)

商品画像拡大:360ml

司牡丹 - 司牡丹酒造(株)

日本植物学の父・牧野富太郎博士にちなんで造られた、花のような香りを宿した特別純米酒

牧野富太郎博士は、じつに日本の全植物の約4分の1の名付け親になっている「日本植物学の父」。牧野博士は1862年に高知県佐川町の『岸屋』という造り酒屋に生まれました。植物学の道に進んだ牧野博士はこの『岸屋』を明治の中頃に人手に渡し、最終的に譲り受けたのが司牡丹酒造となります。そのご縁もあって、生誕150周年に発売スタートしたのがこの一本。
精米歩合60%の特別純米酒に純米吟醸を1割ブレンドし、一度だけ火入れして瓶詰めし、マイナス5℃以下に冷蔵貯蔵。花のように清楚な香りを宿した味わいを、スタイリッシュなハーフサイズのワインボトルに詰めました。アルコール度数も14度と軽快で、爽やかで飲みやすい味わいです。お花と一緒に、植物と日本酒が好きな方へのプレゼントにいかがでしょう。
*数量限定:300本

造り 特別純米 生貯蔵酒

[分析値]
アルコール度数 14.0〜14.9
日本酒度 +7
酸度 1.3
アミノ酸度 1.2
使用米 アケボノ(岡山)・山田錦(兵庫)
精米歩合(掛米・麹米) 60・60
酵母 熊本、高知、きょうかい1801
------------------

【限定】300本
【2021バレンタイン】

容量 360ml
税込価格 913 円
本体価格 830 円

*商品の価格は東京標準の参考価格です(2021年9月1日現在)。地域、配送方法によって異なる場合があります。
*分析値は2021年9月1日現在の一部予定値ですのでご了承ください。
*商品のデザインが一部変更になる場合がありますのでご了承ください。
*お買い求めは、日本名門酒会加盟の酒販店まで。