■ 日本名門酒会メニュー
 

お酒の歳時記

日本酒と合わせて楽しいお鍋ライフを

くつくつと湯気の立つお鍋をつつきながら、お酒をきゅいといただくのは、寒い日の幸せ。お鍋に合わない日本酒はありませんが、ある種のお鍋にあるお酒を合わせたときの、「これは合う!」と箸と盃が進むマッチングもあるかと思います。今回は、具材のバラエティ豊富なちゃんこ鍋に合わせて、お酒との相性を探ってみました。

合わせたお鍋:両国の老舗「ちゃんこ巴潟」の、塩味・醤油味・味噌味の3種のちゃんこ鍋。

合わせたお酒:日本名門酒会本部で用意した、食中酒としての評価も高い10蔵元を代表する定番酒10種。常温で3種のお鍋にブラインドで合わせ、相性を審査していきました。

審査員:加盟店様5名・蔵元様2名・本部スタッフ5名の合計12名

審査風景

「スープ、具材、それぞれのマリアージュがあり、とても難しい審査」との声があがりながらも、「しっかりと塩気の利いた鍋には、多少甘みのある酒質の方が合う」「軽快な旨味があって、比較的やわらかな味わいのお酒が鍋料理とは相性が良い印象」「お燗酒でもぜひ試してみたい」と、「組み合わせの妙」を楽しむ楽しい試飲となりました。真剣な審査の末、接戦を制し、塩・醤油・味噌それぞれのちゃんこ鍋で相性ベスト3に輝いたお酒を下にご紹介します。

塩味の鍋 醤油味の鍋 味噌味の鍋

特出して合うお酒あり、幅広く合うお酒あり。もちろん具材やスープの仕立て、薬味等によって、あるいはお酒の温度によってまた違った結果になるかと思いますが、まずはご参考にどうぞ。

お鍋の傍に日本酒があれば、具材の新たな魅力に気付いたり、お酒の新たな輝きに気付いたり、お互いに調和し高め合う美味しさに感動したり、楽しさが倍増します。美味しい日本酒とともに、冬のお鍋ライフをお楽しみください。

塩・醤油・味噌 ちゃんこ鍋に合うお酒

塩味の鍋

塩味部門

合わせたお鍋 「ちゃんこ巴潟」の「国見山 ちゃんこ」:秘伝のいわしつみれをメインにした鶏ガラスープの塩味ちゃんこ(具材/いわしつみれ、鮭、牛肉、鶏肉、蛤、ほたて貝、白菜、玉ねぎ、しいたけ、水菜、えのき茸、ごぼう、豆腐、油揚げ、白ゴマなど)

*商品画像をクリックするとお酒の詳細ページに移ります。

1

大山
特別純米酒 十水

[山形]特別純米

おおやま
詳しくはこちら

コメント

・塩スープのほのかな旨味と酒が調和のとれた絶妙なバランスで口の中に広がる。
・酒と合わせることでスープがマイルドになり、ひとつの調味料のように感じる。

2

浦霞
純米酒

[宮城]純米

うらかすみ
詳しくはこちら

コメント

・酒、鍋とどちらも美味しく感じ、魚介の魚臭さを感じなくさせるマスキングの効果がある。
・お酒と鍋を合わせることで、全体的にまとまりを感じ、包み込みまとめる印象。

3

一ノ蔵
特別純米酒 辛口

[宮城]特別純米

いちのくら
詳しくはこちら

コメント

・鶏肉の旨味や出汁の香りを全く邪魔せず、上手に互いを引き立てている。
・酒にやわらかな旨味があるので、野菜の甘みと出汁の旨味と相性が良い。

3

春鹿
さくら純米

[奈良]純米

ごきょう
詳しくはこちら

コメント

・甘みと酸味が鍋の味わいを整えている、補完のマリアージュ。
・塩出汁と牛肉を食べてから酒を流しこむと、お酒が受け止め、よりまろやかに変化する。

醤油味の鍋

醤油味部門

合わせたお鍋 「ちゃんこ巴潟」の「太刀山 ちゃんこ」:牛霜降り肉をメインにした、絶妙な甘さを持つ鶏ガラスープの醤油味ちゃんこ(具材/牛肉、白菜、しいたけ、水菜、えのき茸、ごぼう、じゃがいも、大根、長ネギ、焼豆腐、油揚げ、こんにゃくなど)

*商品画像をクリックするとお酒の詳細ページに移ります。

1

浦霞
純米酒

[宮城]純米

うらかすみ
詳しくはこちら

コメント

・醤油のスープと合わせることによって、酒の辛味が落ち着き、肉の旨味に箸がすすむ。
・旨さが引き締まる良い相性。鍋と酒の旨さやキレを感じるタイミングが同じで同調する。

2

一ノ蔵
特別純米酒 辛口

[宮城]特別純米

いちのくら
詳しくはこちら

コメント

・これは絶妙な調和。お互いの旨味が溶け合って心地よい旨味に。余韻がとても綺麗でなめらか。
・肉の旨味とも調和する。やわらかな旨味で素晴らしいマリアージュ。

3

大山
特別純米酒 十水

[山形]特別純米

おおやま
詳しくはこちら

コメント

・肉の脂など、濃い味わいと酒の甘みがよく合う。酒が受け止める印象。
・酒の甘みと旨味が引き立てられる。酒単体でもキレが良いが、醤油と合わせるとより良い。

3

春鹿
さくら純米

[奈良]純米

ごきょう
詳しくはこちら

コメント

・合わせることで旨味が増える。ついつい飲みすぎそうで危ない組み合わせ(笑)
・醤油の風味とお酒の余韻がミックスされる。後味で交わる旨味が増す。

味噌味の鍋

味噌味部門

合わせたお鍋 「ちゃんこ巴潟」の「巴潟 ちゃんこ」:昆布と鰹の合わせ出汁に4種の味噌をブレンドし、魚介を入れた寄せ鍋風の味噌味ちゃんこ(具材/いわしつみれ、あじつみれ、鮭、蛤、ほたて貝、白菜、しいたけ、水菜、えのき茸、長ネギ、ごぼう、焼豆腐、油揚げ、こんにゃくなど)

*商品画像をクリックするとお酒の詳細ページに移ります。

1

大山
特別純米酒 十水

[山形]特別純米

おおやま
詳しくはこちら

コメント

・味噌のスープと合わせることで酒の甘みが引き立つ。味噌の麹の甘みと好相性。
・スープとお酒の甘みがミルフィーユのように重なり、フレッシュな酸味が味を引き締める。

1

春鹿
さくら純米

[奈良]純米

ごきょう
詳しくはこちら

コメント

・旨味、甘味をお互いに引き立たせる相性。寒い日にゆっくり合わせて楽しみたい。
・味噌の味わいとお酒の味わいが見事にマッチし、スープがすんなりなじむ。

3

五橋
純米酒

[山口]純米

ごきょう
詳しくはこちら

コメント

・味噌のスープに負けない主張がありつつも、旨味の相乗効果が感じられ、具材とも相性が良い。
・鍋とお酒の風味と濃さ、旨味のバランスがとても相性良く、口中で調味されている印象。

3

西の関
手造り純米酒

[大分]特別純米

にしのせき
詳しくはこちら

コメント

・魚介と出汁、味噌の風味とお酒がミックスされ、口中で新たな味わいのスープになるくらい調和する。
・酒濃厚×鍋濃厚で旨味爆発。熟成感が共鳴し、お互いの旨味を引き出す。

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る