■ 日本名門酒会メニュー


豊の秋 - 雀と稲穂

「ふっくら旨く、心地よく」豊の秋のこのポリシーを最も忠実に表現した酒。口の中にまろやかに広がる甘味とふくよかな旨味が特徴。五穀の豊穣を祈り、芳醇なお酒が醸し出されるようにと名付けたお酒。

豊の秋 - 純米辛口 金五郎

力強い呑み応えを大切にした一本。松江市郊外の湧水を使用。やや軟水。まろやかな口当たりと辛口ながらさわやかな酸とコク、旨みのバランスが良い酒名は初代蔵元の米田金五郎より拝借しています。

名倉山 - 大吟醸

鑑評会出品に向け、最高の原料・技・条件で造られた自信の逸品最高峰の山田錦を45%まで丁寧に磨きあげました。フルーティーな五味の調和がみごとな酒

豊の秋 - MOTOZAKE純米

香りはおだやか、口に含めば米の旨みと甘みが広がる「豊の秋」の味わいはそのままに仕上げたカクテルベース用純米酒です。果物やリキュールなど合わせる素材を引き立て口当たり柔らかで繊細なカクテルをお作りいただけます。 【MOTOZAKE】

長良川 - 純米酒

「旨い!」純米酒。お米の旨味がしっかりと堪能できる純米酒です。清流長良川の軟らかな伏流水と、岐阜の地酒米「飛騨ホマレ」仕込み。旨味あるやや辛口。口当たりやわらかく、口中で旨味が広がり、後味まろやか。

長良川 - 超辛口+20

極限醗酵による究極の「超辛口」。辛いより「ドライ」。『超スッキリ』味の辛口。清流長良川の軟らかな伏流水と、岐阜酒米で『岐阜の地酒』を醸す。辛口だが口中ではマイルドで、後味も嫌味なく超スッキリ。

名倉山 - 純米吟醸

糖化と醗酵のバランスに気をつけて山田錦を割れない様に限定給水穏やかな中に、料理の邪魔にならない飲み飽きしない純米吟醸酒。ぬる燗にしても、ほんのりと「きれいな甘さ」が感じられ、まるく柔らか味を感じる。

七笑 - 益々繁盛

笑う門には福来る「七笑」の本醸造を、益々の繁盛を祈願して、二升五合瓶に詰めました。上品な口当たりの爽やかな旨口酒。

七笑 - 大吟醸

上品な吟香ただよう、すっきりした喉越しの流麗な大吟醸。甘露とはこのことか、と陶然とする味わい。さわやかな芳香の高い、端麗辛口の大吟醸。当時の熱い思いがあふれる逸品です。

七笑 - 純米吟醸

木曽に名酒「七笑」あり。山深い木曽に漂う吟醸の香り。洗練された香りと味わいが日本の故郷へと誘う。「美山錦」の旨味とコクにあふれ、フルーティな香り漂うやわらかな喉ごしが特徴の純米吟醸酒。

七笑 - 辛口純米酒

お燗をつけて旨味のでるスッキリとした純米酒木曽山系の伏流水(軟水)コクとキレを感じる豪快な酒。

七笑 - 純米酒

日本酒の真髄とされる「さりげなく水のごとく」を余すことなく表現し、限りなく酒徒を魅了。端麗でありながら、ふくらみのある純米酒。毎日飲んでも飲み飽きない「通」好みのお酒です。

鳴門鯛 - 純米大吟醸

酒造好適米山田錦を自家精米にて40%まで丹念にみがきあげ、醪の状態で30日、じっくりと長期低温発酵にて造られます。熟練の蔵人の技と手間が惜しみなく注がれた最高峰の純米大吟醸です。兵庫山田錦100%。

鳴門鯛 - 特別純米酒

山廃仕込の純米酒ならではのコクと旨味。飲むほどに良さがわかる酒。

鳴門鯛 - しぼりたて生原酒

吟醸のしぼりたてをいつでも新鮮に味わえるようにアルミ缶に封じ込みました。日本酒の既成概念を爽やかに飛び越える、独自の味わいをお楽しみください。新鮮で華やかな甘い香り。生原酒ならではのしっかりとした米の旨味を感じられる酒質

鳴門鯛 - 水ト米

醸造過程すべてにおいて国産原料を使用しての醸造を追求し、加工用助剤を一切使用せず、米と水だけで造った純国産清酒です。すっきりとした優しい味わいの純米酒です。

南部関 - 純米酒

米のポテンシャルを十分に引き出すことが肝心。米の本来の味を出すために磨き過ぎないようにしています。ボディのある味わい・キレの良さが特徴。燗上がりするお酒です。

西の関 - 秘蔵酒

手造り手法を発展的に継承し、甘い・辛いを超越した日本酒本来の旨さを追求して参ります。兵庫産山田錦を使用、国東半島両子山系の伏流水で仕込む。果実香にも似た麗しい吟香も華やかに、口中で軽く流れるような旨味が広がる。秘蔵っ子、大切なもの

西の関 - 袋取り雫酒

鑑評会出品酒なみの造りをした大吟醸。兵庫山田錦を使用、国東半島両子山系の伏流水で仕込んだもの。軽く上品で華やかな香りと淡雪のように心地良い風味が広がる逸品。

西の関 - 滴酒

兵庫産山田錦を使用、両子山系の伏流水で仕込んだもの。柔らかな口当たりと香味のバランスが美しい大吟醸酒。

« 1 ... 8 9 10 11 12 13 14 15 16 (17) 18 19 20 21 22 23 24 25 26 ... 61 »