■ 日本名門酒会メニュー


司牡丹 - 純米 船中八策

超辛口でありながら極めて滑らかに味わいが膨らむ。さらりとしたキレは抜群。坂本龍馬が船中にて考えだした策に由来。超辛口でありながら極めて滑らかに味わいが膨らむ。さらりとしたキレは抜群。坂本龍馬が船中にて考えだした策に由来。 【EXTRA DRY】

司牡丹 - かまわぬ

米の旨味と味わいに酸の奥行が感じられ、口中で膨らみます。後味は大変キレがよいです。永田農法(スパルタ農法)で栽培した、高知県四万十町産・山田錦を使用。

雲海物産 - 鶏のささみくんせい 黒胡椒味

新鮮で良質な宮崎県産「若鶏のささ身」をミネラル豊富な宮崎県日向産の塩と黒胡椒で味付け、外はこんがり香ばしく、中はしっとりやわらかな燻製に仕上げました。化学調味料・保存料無添加。 【日本珍味列島】

司牡丹 - 米から育てた純米酒

米からのまろやかな旨味を持ち、コクと喉ごしの良さは稲穂の広がりを感じさせる。永田農法(スパルタ農法)による高知県四万十町産米100%使用。

司牡丹 - 純米 辛口

しっとりと落ち着いた香りと、淡麗にして爽やかな風味、まろやかでさらりとキレる。ふくよかで香ばしい香り、米からくるまろやかな旨味を持つコクと喉ごしが良い。

雲海物産 - 鶏のささみくんせい うす塩味

新鮮で良質な宮崎県産「若鶏のささ身」をミネラル豊富な宮崎県日向産の塩のみで味付け、外はこんがり香ばしく、中はしっとりやわらかな燻製に仕上げました。化学調味料・保存料無添加。 【日本珍味列島】

司牡丹 - 豊麗

丸く滑らかで豊かな旨味がコクを感じさせるとともに、ほのかな苦味と酸味がすっきり感を醸す。コクがありながらサラリとした爽やかさがある。

司牡丹 - 花 純米

米からの旨味とコクを併せ持つ、絶妙な味わいを実現。米からの旨味とコクを併せ持つ、絶妙な味わいを実現。生もと純米を10%ブレンド。絶妙な味わいを実現。米からの旨味とコクを併せ持つ。米からの旨味とコクを併せ持っている。

司牡丹 - 日本を今一度

淡麗にして爽やかな風味。まろやかでさらりとキレる。「日本を今一度せんたくいたし申候」文久3年(1863年)、姉乙女宛に書いた手紙から抜粋。

司牡丹 - MOTOZAKE純米

米からの旨味とコクを併せ持つ、絶妙な味わいを実現。米からの旨味とコクを併せ持つ、絶妙な味わいを実現。米からの旨味とコクを併せ持っている。米からの旨味とコクを併せ持っている。

司牡丹 - 特撰 純米酒

米の旨味を活かし、淡麗な味わいの中に豊かなコクが息づく。米の旨味を活かし、淡麗な味わいの中に豊かなコクが息づく。

司牡丹 - 辛口純米酒

ふくよかで香ばしい香り、米からくるまろやかな旨味を持つコクと喉ごしが良い。ふくよかで香ばしい香り、米からくるまろやかな旨味を持つコクと喉ごしが良い。

司牡丹 - 本醸造 土佐の超辛口

喉ごしが良く、飲み飽きしない骨太な淡麗量辛口の男酒。喉ごしが良く、飲み飽きしない骨太な淡麗量辛口の男酒。 【EXTRA DRY】

司牡丹 - レトロラベル

ふくよかな香りと穏やかな香りがやさしく調和している。滑らかでさらりとしており、爽やかで飲み飽きしない。ふくよかな香りと穏やかな香りがやさしく調和している。滑らかでさらりとしており、爽やかで飲み飽きしない。

月の桂 - 把和游

白い花のような心地よい含み香、甘酸が調和した上品な味わい。「パイプの煙」でおなじみの團伊玖磨氏が命名。兵庫県産特A地区限定の、山田錦を使用。

月の桂 - 10年秘蔵特別酒 琥珀光

特製甕で10年間眠らせた、琥珀色の輝きを放つ大吟醸古酒。古酒の先駆者・坂口謹一郎博士の「古酒新酒」にも登場。甘味はふんわり上品で、やや練れた酸味とハツラツとして刺激的な苦味がドライ感を想わせる。

月の桂 - 平安京

京都産・祝を伏見の農家と無農薬特別契約で復活育成。ほんのり甘味が広がる気品な味わいは、はんなりとした京の風情を思わせる。祝米がもつ、味わいの広さと、深さを表現できる酒。

月の桂 -

香りもそれほど高くせず、それでいて品よく、お料理の味を引き立てる事を見越して、仕込みました。ゆったりとした吟醸香が静かに口中に広がり、軽やかさとキメの細かさがバランスよく広がる。

月の桂 - 嘉都良

江戸時代に中宿をもつとめた蔵元で、お公卿さんが詠んだ「かげ清き月の嘉都良の川水を夜々汲みて世々に栄えむ」より命名。燗酒も美酒。

月の桂 - 祝米 純米大吟醸にごり酒

京都の酒造好適米「祝」を1991年に復活させ、無農薬契約栽培を自ら醸し育てる。「米のスパークリング」発泡性にごり酒の最高グレード商品。

« 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 (15) 16 17 18 19 20 21 22 23 24 ... 60 »