■ 日本名門酒会メニュー


酒呑童子 - 吟醸生酛

口に含むとまず甘味、次いで旨味、最後に酒呑童子の特徴である辛味を感じる後口のキレの良い淡麗超大辛口。口の中の三重奏をお楽しみ下さい。

酒呑童子 - 純米 京女

お米をタップリと使用し、質の高い甘口ですがスッキリとした純米酒に仕上げました。はんなりとした面持ち、たおやかで芯のある性格、内面と見た目のバランスがとれた京女を理想に思い命名。

酒呑童子 - 純米 酒呑童子

9代目中西六右衛門が幾度もの改良を加え完成させた門外不出の秘伝の生酛造り。キレと旨みのある中辛口。香りは穏やかな鉱物系、綺麗な酒質で口中での膨らみと十分な後口の余韻も楽しめる。

酒呑童子 - 大辛口 酒呑童子

蔵元秘伝の山廃造りの辛口酒。蔵元一番の人気銘柄。後口のキレの良さとスッキリ感が特徴の大辛口本醸造酒。ダイナミックな辛さの中にも深みを感じる。大江山山中に住むと言われる、赤鬼を「酒呑童子(しゅてんどうじ)」と呼ぶ。

白嶺 - 日本酒スパークリング

火入れ酒でしぼりたて新酒の炭酸ガス含有をイメージした新感覚の日本酒。 スパークリングワインじゃちょっと甘い。そんな酒好き女子のための微発泡清酒が出来ました。炭酸ガスの清涼感で新酒のようなフレッシュな味わい。

春鶯囀 - 春鶯囀乃かもさるゝ蔵

香りを抑えた上品なタイプ。酒名命名の「与謝野晶子」女史の直筆をラベルに使用。原料米を玄米で仕入れ、自家精米後使用。さらりとした飲み口。

春鶯囀 - 冨嶽

自家精米の「美山錦」と「富士山」の天然水にて、じっくり低温で仕込んだ酒。心地よい酸味とコクのある味わい。山梨県富士吉田市「富士山 北口本宮 浅間神社」山門に掲げてある「額」より命名。

春鶯囀 - 鷹座巣

ぬる燗(40℃〜45℃)にも向く酒質。春鶯囀の「男酒」。原料米は、地元「富士川町」にて契約栽培酒米「玉栄」を、自家精米後使用。辛口でキレのある男酒。熟成タイプ。全国間酒コンテスト2019にて、金賞受賞

春鶯囀 - 純米酒

蔵の味を最も表現できる定番酒。酒だけが主張することなく、食中酒として楽しめる酒を目指したい。穏やかな香りとうっすらとした酸味で、やわらかい口当りの食中酒です。ぬる燗にも向きます。

上善如水 - 上善如水 純米大吟醸

軽快でソフトな甘味と旨みがキメ細かに広がり,上品な味わいが印象的。仕込み水は、蔵の敷地から地下水を汲み上げて使用しています。純米大吟醸ならではの気品のある香りと、深い味わい。

上善如水 - 熟成の上善如水 純米吟醸

低温熟成によりじっくりと熟成された上善如水です。熟成味あるまろやかな味わいながら香りは熟れた桃のよう。爽やかな酸味の調和が味を引き締めます。

上善如水 - 上善如水 純米吟醸

雪解け水のようにサラサラとしていながら、純米の旨みもしっかり感じさせる。澄みきった水の如きお酒です。フレッシュな果実のように華やかな香りで軽快な味わい。

上善如水 - なまの上善如水 純米吟醸

搾ったお酒を生のままビン詰めし、蔵元から全て直接クール便でお届け致します。生酒特有のもぎたて果実のような自然な芳香、香り高くフレッシュでしっかりとした米の旨みを楽しめるお酒です。

上善如水 - 上善如水スパークリング

甘酸っぱいお酒に炭酸ガスを封入したスパークリング清酒。フルーティーで甘酸っぱい味わいと、はじける泡がスッキリしたのど越しを演出します。

如空 - 純米吟醸 生酛造り

五感による手造り。低温長期もろみによる丁寧な生酛造り。絶えず湧き出る蔵井戸の軟水を活かし県産米にこだわった造り。生もとならではの複雑な味わい。軟水ならではの柔らかい口当たりとキレ。加水なしの原酒。一回火入れ

白瀧 - 淡麗魚沼 純米

地元魚沼の地の酒として涼香ただようなめらかな卓越した純米酒。純米でありながら純米らしくないくせのないスッキリとした味わいは料理との相性も幅広い。軽快な旨味とまろやかな飲み口。

白瀧 - 濃醇魚沼 純米

原料にこだわり、あえて米を磨かずに、米本来の旨みを生かした力強い味わい。雑味が少なく、なつかしい濃醇な飲み口のお酒です。深みのある香りと、とろみ感のある味わい。

白瀧 - 辛口魚沼 純米

低温貯蔵の熟成感ある旨みと、素直な香り、後味のキレが印象的な超辛口。まろやかでしっかりとしたお米の旨みと、スッキリとした辛さを感じる純米酒。まろやかな飲み口でキレのある後味。

白真弓 - Janpan

すっきりとした酸と甘さの純米酒を仕込み、炭酸を注入することで、透き通った発泡酒にしています。煌めく泡立ちが美しさを目でお楽しみください。しゅわっとした発泡が爽やかでほんのりした甘みがフルーティなお酒。

白真弓 - やんちゃ酒

あと残りしないキレの良い、きれいな味わいの酒地元飛騨古川人の気質を表す「古川やんちゃ」。どこか一本気な男達で、盛大な裸祭りも「やんちゃ祭り」といわれる。

« 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 (12) 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ... 61 »