いちのくら   じゅんまいだいぎんじょう ぎんのいろは
一ノ蔵
純米大吟醸 吟のいろは
(宮城県大崎市)

商品画像拡大:720ml(箱入)

一ノ蔵 - (株)一ノ蔵

宮城県開発の新品種《吟のいろは》使用、上品で繊細な甘みを持つ純米大吟醸

宮城の銘醸蔵が、令和元年に生まれた宮城県開発の新しい酒造好適米品種《吟のいろは》を100%使用して醸した純米大吟醸。《吟のいろは》が令和2年に宮城県育成品種の酒造好適米として初めて「特等」に格付けされたことから、40%まで磨きあげ、この大吟醸となりました。穏やかでフルーティな吟醸香をまとい、まるで"わたあめ"を頬張ったときのようにふんわりやわらかな風味の後に、甘酸っぱい果実を思わせるほのかな酸味が心地よく広がります。丸みのある上品で繊細な甘みが溶け合い、"優しく包まれるような余韻はまさに「夢心地」"と門脇杜氏が表現する美味しさを、ぜひお楽しみください。

造り 純米大吟醸

[分析値]
アルコール度数 15度
日本酒度 -6〜-4
酸度 1.5〜1.7
アミノ酸度 1.2〜1.4
使用米 吟のいろは(宮城)
精米歩合(掛米・麹米) 40%・40%
酵母 きょうかい1801号
------------------
備考 ※限定 200本

【2022お歳暮ギフト】
【2022父の日】

[蔵元出荷日] 2022/11/1

容量 720ml
税込価格 4,400 円
本体価格 4,000 円


補足 吟のいろは:平成9年に誕生した「蔵の華」以来23年ぶりとなる、宮城県が開発した新しい酒造好適米。宮城の多収性品種「東北189号(げんきまる)」を母に、山形の酒造好適米「出羽の里」を父に持ち、より栽培が容易で心白の大きな酒造好適米として誕生しました。「蔵の華」が淡麗ですっきりとした味わいのお酒となるのに対し、「吟のいろは」は味わいに膨らみのあるやわらかな酒質となると、期待されています。

*商品の価格は東京標準の参考価格です。地域、配送方法によって異なる場合があります。
*商品のデザインが一部変更になる場合がありますのでご了承ください。
*お買い求めは、日本名門酒会加盟の酒販店まで。