■ 日本名門酒会メニュー
ごぜんしゅ   ないん ほわいとぼとる
御前酒
「9NINE」ホワイトボトル
(岡山県・真庭)

御前酒 - (株)辻本店

爽やかな香りと酸味、ボディ感ある旨味がマッチ、菩提酛仕込みのしぼりたて純米生原酒

御前酒蔵元ならでは、岡山県産の《雄町》を100%用い、「菩提モト(ぼだいもと)」で仕込んだ純米生原酒。 菩提モトならではの爽やかな酸味と香り、《雄町》のほどよいボディ感がマッチして、口当たり滑らかで後味のキレもよし。と、毎冬人気ですが、今期は菩提酛のスタート段階「そやし水」の製造に磨きをかけ、より香りよくキレイな味わいを目指します。御前酒にしか出せない味わいを、新春年明けにお楽しみください。
関連:新酒しぼりたて

造り 菩提酛純米原酒

[分析値]
アルコール度数 17度
日本酒度 3
酸度 1.8
アミノ酸度 1.6
使用米 雄町(岡山)
精米歩合(掛米・麹米) 65・65
酵母 きょうかい9号
------------------

[蔵元出荷日] 2018/1/8

容量 1800ml 500ml
税込価格 3,132 円 1,104 円
本体価格 2,900 円 1,022 円

[補足] 菩提酛(ぼだいもと):「菩提酛」は今の山廃酛のルーツともいわれ、南北朝〜室町時代初期頃に奈良の寺院で考案された酒造りの方法です。「菩提泉」と呼ばれて人気を博したとか。往事のそれは、炊いた米を水に漬けて自然に乳酸菌が繁殖するのを待つ、という方法。御前酒蔵元ではこれを改良した独自の方法を開発。袋に入れた麹を水に漬けて約3週間待ち、乳酸菌が繁殖した水(「そやし水」)で酒母を造ります。