日本名門酒会

2018夏の頒布会 日本列島 美味しいものめぐり


第2回・7月

720mlコース AB


こしごい とくべつじゅんまいしゅ

腰古井 特別純米酒[千葉県勝浦市]


720ml
H29BY 瓶貯蔵

原料米/富山県産《五百万石》
精米歩合/60%
アルコール度/15度以上16度未満
日本酒度/未定
酸度/未定
アミノ酸度/未定
酵母/きょうかい901号
仕込水/(自社所有の山の)横穴式洞窟の湧水
杜氏/瀬川英夫(南部杜氏)

口当たりやわらかな淡麗タイプの特別純米酒

蔵元&お酒について

千葉県には40余りもの日本酒の蔵元があります。一般的に、海に近い蔵元のお酒は魚介類と合う淡麗タイプ、遠いと塩分の多い保存食と好相性の濃醇タイプとなります。千葉県の日本酒も黒潮寄せる外房地方の酒は淡麗タイプが多いようです。そんな千葉外房の酒の代表格が勝浦市にある「腰古井」です。今回は、富山県産《五百万石》を自家精米でゆっくりと丁寧に磨いて造った特別純米酒をお届けします。自家保有する山林に湧き出る水の柔らかさを映したソフトな口当たり、ほどよい酸味とふくよかな旨味、生貯蔵ならではの爽やかな味わいが、夏の食を引き立てます。


720ml
おつまみ付Aコース


鯖の甘露煮

南房総沖で獲れた小ぶりの鯖を骨まで柔らかく煮込んだ一品とともに。



醸造元/吉野酒造(株)

*頒布会のお申し込みは日本名門酒会加盟の酒販店まで*