■ 日本名門酒会メニュー
 

お酒の歳時記

夏のお燗酒

夏のお燗酒 〜冷える体に 夏は ぬる燗で

意外と冷えている夏の体にお燗酒を。
特に人肌に近いぬる燗なら
優しく体を温めてくれます。
しかも、合わせる料理の幅も広がって
夏の酒食がもっと楽しくなります。

*価格は東京標準の参考価格です(2015年10月1日現在)。
 地域、配送方法により異なる場合があります。

*商品のお求めは日本名門酒会加盟の酒販店まで。

冷えた体を温めて、夏の酒食を楽しく

冷えた体に優しい夏のぬる燗

ヒートアイランド現象のせいか、年々過酷になっていく日本の夏。アスファルトやビルの照り返しで焼かれ、クーラーや自動車の廃熱で蒸され、一転、クーラーの効いた室内に入ると急速冷凍され、これで体が疲れないわけがありません。

暑さにバテて口にするものすべてがヘビーに感じられる……食欲不振の折りには、冷たいビールやお酒に手を伸ばす前に、お燗酒を試してみてください。冷たいもののとりすぎやクーラーのせいで、夏の体は意外に冷えています。お燗酒はそんな冷えた体の血行をよくし、内側から温めてくれます。適量の日本酒は血液循環を促しますが、お燗酒は特に消化吸収が早く、短時間で全身の血流が良くなり、消化作用も高まるので、食欲がないときにもオススメです。

特に人間の体温に近いぬる燗(約40℃)なら、弱った体に負担をかけません。クーラーのきいたお店でいただけば、疲れた体が、ほわりと癒されるのがわかるはず。

美味しさの幅を広げて、夏の酒食を楽しく

お燗をつけることで、お酒そのものの舌触りも滑らかに、甘み、酸味、苦みのバランスもよくなり旨みもアップ。意外な料理がおいしくいただけ、減退していた食欲も次第に復帰して、箸も進みます。冷めると脂が固くなり旨みが減る肉料理や、冷めると苦味が出てくる貝類なども、お燗酒と一緒なら、最後まで美味しく食べられます。

また、飲むペースに合わせて酔いがまわるため、飲み過ぎる心配がないことも嬉しいところ。冷酒のように「始めスイスイ調子よく、気がついたら酔いがドカンと巡ってきた」という失敗もなく、ゆっくりと適量を楽しめます。「夏の生酒」など夏に爽やかなお酒はもちろん、お燗酒も取り入れて、夏の酒食ライフをより楽しく過ごしましょう。

旨口燗 VS 超辛口燗

お燗酒として人気が高い旨口系のお酒ですが、この夏、もう一つご注目いただきたいのは、超辛口系のお燗酒。シャープでキレ味に優れる超辛口酒ですが、お燗にすると、辛さはいよいよ増し、小気味よいキレの良さを楽しめます。旨口酒と辛口酒のタイプの違いもより明確になるので、飲み比べるのも楽しいかと思います。

旨口燗

お燗酒としても人気が高い旨口系のお酒はいろいろありますが、定番人気の3酒といったらこちら。冷やでも美味しいお酒ですが、夏もぬる燗で楽しんではいかがでしょう。

*商品画像をクリックすると詳細画面に移ります

大七【福島】
純米 生モト

大七 純米生酛

西の関【大分】
手造り純米酒

大山【山形】
十水


超辛口燗

シャープで繊細、キレ味に優れ、食中酒として真価を発揮する「超辛口」は、お燗にしても美味しく楽しめます。「EXTRA DRY SAKE 〜超辛口酒〜」について詳しくはこちら。

*商品画像をクリックすると詳細画面に移ります

男山【北海道】
特別純米 国芳乃名取酒

一ノ蔵【宮城】
特別純米酒 超辛口

一ノ蔵【宮城】
無鑑査本醸造 超辛口

大山【山形】
特別純米 超辛口


若竹鬼ころし【静岡】
特別本醸造原酒

春鹿【奈良】
純米 超辛口

司牡丹【高知】
純米 船中八策

司牡丹【高知】
本醸造 土佐の超辛口



 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る