■ 日本名門酒会メニュー
 

◆蔵元定番◆

いちのくら『ふゆ・みず・たんぼ とくべつじゅんまいげんしゅ とうきたんすいまいじこみ』【宮城・大崎】

一ノ蔵『ふゆ・みず・たんぼ 特別純米原酒 冬期湛水米仕込』特別純米原酒

1800ml 720ml

▲マウスオーバーでラベル部分拡大

自然と共生する田んぼで育った《ササニシキ》使用、柔らかな特別純米原酒

蔵元近くにある蕪栗沼とその周辺の冬にも水を張った田んぼは、ラムサール条約湿地として登録されています。この自然と共生する田んぼで有機栽培された《ササニシキ》を100%使用し宮城酵母で醸した特別純米原酒です。
《ササニシキ》のまろやかな旨味と原酒ならではの充実感を楽しめるきれいな味わいが魅力。冷やはもちろん軽く燗しても美味しく、温めることで《ササニシキ》ならではの上品な甘味がさらに引き立ち、その甘味が酸と調和してよりキリっと引き締まった喉ごしのよい味わいをお楽しみいただけます。

*発売期間:通年

お燗酒
(株)一ノ蔵

参考本体価格(8%税込) 1.8L・3,143円(税込3,394円)  720ml・1,524円(税込1,646円)

-------- おすすめお燗温度 --------

ぬる燗(40℃前後)

-------- お酒Data --------

【造り】特別純米原酒
【原料米】宮城県産《ササニシキ》
【精米歩合】麹米55%・掛米55%
【酵母】宮城酵母
【アルコール分】17度
【日本酒度】±0〜+2
【酸度】1.6〜1.8
【アミノ酸度】1.6〜1.8

-------- 補足 --------

ふゆ・みず・たんぼ(冬期湛水水田):"ふゆ・みず・たんぼ" とは、稲刈り後の冬の間も水を張った水田のことで、冬期湛水水田のこと。冬も水を張った田は菌類などの微生物やイトミミズが発生し、それらや落ちモミを捕食する水鳥の越冬地ともなります。水鳥が落とすリン酸を含む糞や、藁・稲株が分解されて翌年の肥料となり、イトミミズが雑草の育成を抑え、蛙や蜘蛛などの動植物が害虫を駆除するなど、無農薬・無化学肥料栽培に適した環境となります。蔵元近くの蕪栗沼の周辺の田んぼはこの冬期湛水水田で、蕪栗沼とともにマガモの越冬地としてラムサール条約湿地として登録されています。

合う料理&飲み方Tips

蔵元おすすめ料理

生牡蠣

*商品の価格は東京標準の参考価格です(2016年10月1日現在)。
地域、配送方法によって異なる場合があります。
*お買い求めは、日本名門酒会加盟の酒販店まで。

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る