■ 日本名門酒会メニュー
ごぜんしゅ   ないん ひやおろし ぶらっくぼとる
御前酒
「9NINE」ひやおろし ブラックボトル
(岡山県・真庭)

御前酒 - (株)辻本店

冷やでよし燗でよし。《雄町》のボリューム感を楽しめる菩提酛仕込みの純米ひやおろし

御前酒蔵元ならではの菩提酛仕込みの純米ひやおろし。地元岡山県産《雄町》を100%使用し、天然の乳酸菌を取り込む蔵元独自の菩提酛で醸されました。《雄町》らしいボリューム感を楽しめる旨味、複雑な味わいがありながら、後口はすっきりとキレもよし。冷やすとすっきり、ぬるめの燗にして奥深い味が出てきます。
関連:ひやおろし2018

造り 菩提酛純米

[分析値]
アルコール度数 15.5度
日本酒度 +1
酸度 1.6
アミノ酸度 1.5
使用米 雄町(岡山)
精米歩合(掛米・麹米) 65・65
酵母 きょうかい9号
------------------

[蔵元出荷日] 2018/9/4

容量 1800ml 500ml
税込価格 2,862 円 999 円
本体価格 2,650 円 925 円

補足 菩提酛(ぼだいもと):「菩提酛」は今の山廃酛のルーツともいわれ、南北朝〜室町時代初期頃に奈良の寺院で考案された酒造りの方法です。「菩提泉」と呼ばれて人気を博したとか。往事のそれは、炊いた米を水に漬けて自然に乳酸菌が繁殖するのを待つ、という方法ですが、御前酒蔵元では、少量の米麹を水に浸けて乳酸菌を繁殖させ「そやし水」を作り、乳酸菌が繁殖した頃に加熱殺菌し安全性を高めてから酒母を造る、独自の方法で醸しています。

*商品の価格は東京標準の参考価格です(2018年8月1日現在)。地域、配送方法によって異なる場合があります。
*分析値は2018年8月1日現在の一部予定値ですのでご了承ください。
*商品のデザインが一部変更になる場合がありますのでご了承ください。
*お買い求めは、日本名門酒会加盟の酒販店まで。