■ 日本名門酒会メニュー
ごきょう   きもとじゅんまいしゅ かんおろし
五橋
生酛純米酒 寒おろし
(山口県・岩国)

五橋 - 酒井酒造(株)

濃醇な旨味を高めの酸が引き締める、飲みごたえ充分な生酛純米「寒おろし」

"神の米"《イセヒカリ》を用いて醸した生酛純米酒の、立冬までじっくり熟成させ生詰で出荷する「寒おろし」。あえて精米歩合70%に抑え、米の旨味をしっかりと感じられる味わいに仕上げました。濃醇な旨みを高めの酸が引き締める、飲みごたえ充分なガツンと系の味わいが魅力です。冷やはもちろんお燗にして美味。晩秋から冬にかけての味覚と合わせてお楽しみください。
関連:寒おろし

造り 生酛純米

[分析値]
アルコール度数 15度
日本酒度 +1
酸度 2
アミノ酸度 1.6
使用米 イセヒカリ(山口)・山田錦(山口)
精米歩合(掛米・麹米) 70・70
酵母 きょうかい701号
------------------

[蔵元出荷日] 2018/11/21

容量 1800 720 720
税込価格 3,434 円 1,728 円 1,879 円
本体価格 3,180 円 1,600 円 1,740 円


補足 《イセヒカリ》:1989年に、伊勢神宮の神田で栽培されていた《コシヒカリ》が2度の台風ですべて倒伏したとき、倒れずに残った2株をルーツとする品種。食味値が抜群に高く食べてよし、また、タンパク質含有量が低いため酒にしてよし、倒伏しづらく育てやすい、という神特性と、発見の経緯から「神の米」「神稲」とも呼ばれている。